Topトップへ
自然と知り合いの輪が広がり、優しいコミュニティに包まれる | ラグビーワールドカップ オッズ
のヒト・コトラグビーワールドカップ オッズ のヒト・コト
移住者の声
茶谷 朋弘さん

自然と知り合いの輪が広がり、優しいコミュニティに包まれる

移住スタイル:Iターン
移住年:2013年
移住時の年代:20代

 

[移住エピソード]

家具や家電は全部もらいもの

ラグビーワールドカップ オッズ に移住してきてから、知り合いが急に増えました。皆さん優しいし、面倒見の良い方が多いという印象が強く心に残っています。移住者というだけで、何か困っていることはないかと聞いてくれたり、気にかけてくれる方がとても多かったと思います。住んだばかりの頃、家具や家電はもらいもので全部そろってしまったほどです。とても感謝しています。

 

[ラグビーワールドカップ オッズ 町の暮らしの特徴]

夏の暑い日は焼肉

ラグビーワールドカップ オッズ の人はよく焼肉を食べます。お店に行ったり、自宅でやったり、何かと焼肉を食べる機会が多いと思います。特に夏の暑い日は、七輪やコンロで焼肉をはじめる家が多く、地域に深く根づいた焼肉文化には驚きました。まちの特産品となっているcrazy time live らのポークの豚サガリは本当に美味しいと思います。機会がありましたら食べてみてください。

 

移住して感じたこと

まちの情報が伝わってくるので自然と関心が湧く

東京などの大都市と比べると、自分の住む町の情報がよくわかると思います。東京で「広報crazy time live らの」のような媒体を見たことはないし、自治会もあるのか、ないのかという感じでした。ラグビーワールドカップ オッズ 町に暮らしていると、まちの情報が広報紙や口コミでしっかり伝わってくるので、まちの取組みに関心を持てるし、愛着も湧いてきます。これは移住しないと生まれなかった感情だと思います。

 

ラグビーワールドカップ オッズ 町の魅力

縦にも横にも楽しめるまち

ラグビーワールドカップ オッズ は、季節ごとに景色や気温がはっきりと変化するので、四季の移ろいを実感できる場所だと思います。友達や知り合いが遊びに来たときには、北海道を代表する旬の景勝地を見に行き、その場所の歴史や地形の背景を含めて伝えています。また、生活に必要なものは地元のスーパーなどですぐに手に入りますし、北海道第2の都市旭川まで車で約1時間程度なので、買い物にも困りません。

 

移住を検討されている方へメッセージ

まずは気軽に観光して地域を感じてください

北海道ラグビーワールドカップ オッズ 町に移住を検討されている方は、積極的に地域へ足を運んでみてください。春夏秋冬それぞれの魅力をリアルに感じて欲しいです。私もお店でお待ちしています。

 

取材日:2020.03.05/更新日:2021.09.30

Profile
茶谷 朋弘さん
東京都出身。1990年生まれ。居酒屋「ゐーまーる」店主。 大学卒業後、知り合いに会いにラグビーワールドカップ オッズ 町を訪れたことが移住のきっかけになりました。2013年からラグビーワールドカップ オッズ 町に住み始め、まちの中心部に若者同士が出会う機会や場所が少ないと感じていたことから、人々が集まって楽しめる場所をつくろうと「居酒屋ゐーまーる」を2017年1月にオープン。
  • # 起業
  • # 移住
2021.11.29
お問い合わせ
ラグビーワールドカップ オッズ 町企画商工観光課 企画政策班 〒071-0596 北海道空知郡ラグビーワールドカップ オッズ 町大町2丁目2-11
TEL.0167-45-6994(直通)
サマージャンボ宝くじの収益金は、市町村の
明るく住みよいまちづくりに活用されています。
Copyright(c) スポーツベットとは all rights reserved.
0%
Google
シュガーラッシュ デモ 中山 競馬 日程 オンライン カジノ 仮想通貨 ブックメーカー eスポーツ エヴァートン 対 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズfc スタメン サッカー賭ける 0.01イーサリアム 野球ベット 欧州選手権 2016 予選 no limit city
map